2011年にtagosak氏がスタートし、2015年から本格的に展開を始めたストリートブランド、viccore。ブランドコンセプトは宇宙の『壮大さ』ストリートの『自由さ』の融合。名作シューティングゲーム『グラディウス』からインスパイアされており、プロダクトデザインもどこかコスモの神秘性を感じさせる。

キャップやTシャツなどを主力としており、そのデザイン性から近年ストリートでも愛用者が続出。
ラッパ我リヤ「My Way ft KJ(Dragon Ash)」のMVでも山田マンがviccoreのキャップを着用している他、バトル出身MCの雄猿が「日本語ラップシンドローム」のMVにてviccoreのTシャツを着用している等、アーティストやラッパーにも愛用者が多い。
最近ではフィリピンでも販売を始め、日本だけに留まらずにグローバルな姿勢で展開を続ける注目株のブランドである。